世界遺産エローラ石窟群〜3つの宗教の聖地〜

エローラ石窟群ってどんな観光地?

インドの中部、デカン高原の山中に並ぶ34の石窟寺院が、エローラ石窟群です。そこは仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の3つの宗教寺院が、それぞれの信仰を阻害することなく、一か所に集中しているという特異な土地です。石窟は各教徒が順番に作り上げていきました。まず、仏教徒が3〜8世紀にかけて第1窟から第12窟を、次にヒンドゥー教徒が7〜9世紀にやってきて第13窟から第29窟までを作り、そして最後にジャイナ教とが9〜10世紀にかけて第30窟から第34窟を築き上げました。こうして、宗教文化の異なる寺院が2・5kmに渡って並ぶことになったのです。寺院づくりが途絶えた後でも、信仰心が忘れ去られることはなく、現在でも多くの信者が訪れています。

エローラ石窟群の見どころは、個性豊かな寺院の数々です。宗派が違えば崇める神も違います。仏教寺院では仏像が、ヒンドゥー教寺院ではガネーシャ像が、そしてジャイナ教ではヴィーラ像が祀られています。寺院の装飾様式もそれぞれの宗派によって異なるので、見比べてみるのもいいでしょう。

エローラ石窟群最大の名所「カイラーサ寺院」

第16窟にあたるヒンドゥー教のカイラーサ寺院は、エローラ石窟群で最大の規模を誇ります。高さ33m・幅47m・奥行81m、そして何より驚くべき点は、この巨大な建造物が1つの岩山を削り取って彫刻のように作り上げられたことです。この寺院を造るのに100年以上の年月を要したと目されています。
寺院に施された精巧な彫刻は膨大な数に及び、世界中からの観光客の目を楽しませてくれます。世にも珍しい建築物は一見の価値ありです。

フライアゴーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です